• ZEAL OPTICS TO ZEQUE
    About
    飽くなき追究

ABOUT ZEQUE 01

Introduction

ZEAL OPTICS から Zeque [Zekúː] へ
グローバルに発信するため名称を刷新

ZEAL OPTICS(ジールオプティクス)は1996年に創立。その20年に及ぶアイウェアの歴史は、 サーフィン・スノーボード・MTBなど様々なアスリートからの要望を受け、その信頼に応えることで始まる。 特に光学性能・軽量性・フィット感などに高い水準が求められたフィッシング。 その要求を叶える製品がどこにも存在しなかったため、日本国内で偏光サングラスの開発をスタート。 現在では多くのプロフェッショナルに支持され、最新技術と共にその声を製品にフィードバック。 高品質な偏光レンズの性能を活かし、日本人の骨格に合わせた自然なフィッティングを実現。身に着けるアイウェアとして、 目的を果たすギアとして完成された製品を追究する。

そして、ブランドエクイティの更なる強化と海外市場での成長を図り、 ZEAL OPTICS(ジールオプティクス)からZeque(ゼクー)へ。 日本から世界へ発信するグローバルプレミアムブランドとして終わりなき進化を目指す。

ABOUT ZEQUE 02

Design Concept

偏光サングラスの専門ブランドとして
この世にないものを、形にすること

「道具」である限り、それを使う「人」がいる。美しくも厳しい自然に触れながら、時には非日常的で過酷な環境にさえ立つ人々。 そこには幾つもの物語があり、喜びに出会う数多の瞬間がある。その雄大な風景の中で、終わりなき情熱を注ぐ人々のために、 真摯に課題に向き合い可能性を問い続けること。偏光サングラスの専門ブランドとして、この世にないものを形にすること。 目新しさを追うのではなく、機能とフォルムの理想的な調和について、その答えを探し出すこと。それは常に大きな挑戦であると同時に、 新たな製品を世に送り出すための原動力となる。また、素材や製法などの品質に妥協を排し、 伝統的な技術に留まることなく創意工夫に取り組む、ただ一つの理由でもある。

ABOUT ZEQUE 02
ABOUT ZEQUE 03

Japan Quality

製品に宿る職人の技と手間
精度を高め、機能に磨きをかける

先進的な製造技術と、明治から受け継がれる伝統的な眼鏡職人の技。彼らは鍛え抜かれた目と、 長年の経験で培われた指先の感覚を信じて、高度な機械でも実現できない極めて精密なプロセスを熟練の手作業によって仕上げる。 細部まで美しく作り込まれた個々の部品は丹念に組み込まれ、それぞれが機能的に重要な意味を持ち、 デザインを決定付ける欠かせない要素となる。

ABOUT ZEQUE 03
フレームの精度
一本のフレームを構成する数十点にも及ぶ小さなパーツ。 それらは生き物のように変化を続け、長い製造工程を辿る。 完成した製品はそれぞれの職人が力を尽くした各部品の統合体に他ならない。 細部の品質や精度にまでこだわる姿勢は決して変わることがない。
レンズの歪み
歪みやすくデリケートな偏光レンズの加工は非常にシビアである。 その性能を最大限に活かすために、100分の1mm単位で精度をコントロール。 例え同じ製品でも表面の色が違うのなら、塗装の厚みが変わり別物になる。その徹底が他の追随を許さない。
パッドとモダン
顔との接点を支え、汗や動きによる滑りを防ぐノーズパッドとモダン。 これらの末端パーツまで素材や形状を厳選。人の肌に直接触れてフィット感を左右する重要な要素として、 汎用パーツは一切使用せず各製品ごとに特別に製作されている。
検査と保証
各プロセスで厳しい品質管理がなされ、工程や機器の種類に関わらず何度も点検が繰り返される。 そして完成品一つ一つに対しても、綿密な検査が実施される。 出荷時には全ての製品に保証書が添付され、万全なアフターサービスを提供する。
ABOUT ZEQUE 03-2
ABOUT ZEQUE 04

For Visibility

空間の奥行きを高精度に再現する
違和感のないフラットな視界

一筋のラインを視認してコントロールする。スポットまでのレンジを把握して狙いを絞る。そのためにブレがない距離感を、 誤差のない正確な水深を。脳で補正するのではなく、空間の奥行きを高精度に再現する視界を。 そして辿り着いた選択肢が、日本人のフェイスカーブに馴染みやすく人間の眼球カーブに近い6カーブレンズと、さらにフラットな4カーブ。 レンズ越しの遠近感の狂いや、鮮明さに欠ける物体の輪郭。この問題をクリアするために、 視線を動かしても揺れや歪みが発生しないレンズを厳選し、適正なフレームバランスにセット。 フレームカーブとレンズの傾斜による視界の違和感を排除している。4カーブと6カーブレンズを採用する理由の一つは、 8カーブレンズの視界の違和感や遠近感の狂いを解消するため。もう一つは、欧米人ではなく日本人の顔に合わせたフレーム設計の追究にある。

ABOUT ZEQUE 04
ABOUT ZEQUE 05

Asian Fitting

日本人の骨格に合わせた設計を追究
細部への配慮が快適な掛け心地を生む

最適なフィット感の考察は骨格の検証から始まる。欧米人仕様の湾曲が強いハイカーブサングラスとは異なる、日本人の顔の形状に合わせた設計を徹底的に追究。 しかし、その過程で導き出された一つの基準は、あくまでも顔を持たない統計上の平均値でしかない。 現実には「アジアンフィット」という一言では表せない無数の顔があり、最適なフィット感は繊細な調整で作られている。 個々へのさらなるカスタムフィッティングのため、フレームの重要なポイントに十分な調整幅と柔軟性を確保。 細部に施された配慮が、快適な掛け心地をデザインする。

ABOUT ZEQUE 05