USER SUPPORT

偏光サングラスと普通のサングラスの違いは?

偏光レンズのサングラスは、目に有害な紫外線だけではなく様々な反射光をカットします。釣りやアウトドアでの水面や砂浜の乱反射、雪や路面の照り返し、ドライブ中の車のフロントガラスへの映り込みなど、強い陽射しだけではなく視界を妨げる反射光をカットすることで、「眩しさを和らげながらも、明るくて見やすい鮮明な視界」を実現し、目の疲れを軽減します。一方で、普通のサングラスはレンズ色の濃度によって単純に視界全体を暗くしています。眩しさは抑えられますが、「視界は暗く、反射光は消えない」ので見えづらい視界になります。邪魔な水面のギラつきが抑えられると、潮目やシモリ、ボトムのマテリアル、ウィ―ドの濃度、ウキやラインの動きなど、今までは水の上から想像するしかなかった水面や水中の様子がわかり、魚の動きまで見えるようになります。Zeque(ゼクー)の偏光グラスで目の疲れを軽減し、クリアな視界で快適なフィッシングを楽しんでください。

偏光サングラスを度つき・老眼対応・遠近両用で製作することはできますか?

Zeque製品を度付きレンズで製作することは可能ですが、弊社では対応しておりません。Shop List(取扱店リスト)を参考に、お近くの取扱眼鏡店様(TALEXプロショップ)へご相談ください。尚、レンズの度数やフレーム形状によっては、度付きでは製作できない場合もありますので予めご了承ください。

「可視光線透過率」とは?

可視光線透過率とは、レンズが自然光を通す割合です。
この数値が高い程、明るいレンズだと言えます。
例えば、可視光線透過率が30%のTRUEVIEW SPORTS(トゥルービュースポーツ)のレンズの場合は、70%の自然光をカットします。
逆に可視光線透過率の数値が低い程、レンズは濃くなり、強い日差しを遮断します。

「偏光度」とは?

偏光グラスは、目に有害な紫外線はもちろん、目の疲れの原因となる様々な反射光をカットします。
釣りでの水面の乱反射、雪や路面の照り返し、車でドライブ中のフロントガラスへの映り込み…。
強い日差しだけではなく、視界の妨げとなる様々な反射光をカットし、目に心地よい自然光だけを確保します。それにより、眩しさを和らげながらもクリアで鮮明な視界を実現しています。一方で、普通のサングラスは、レンズ色の濃度によって単純に視界全体の明るさを下げます。
眩しさは抑えますが、「全体的に暗くなり反射光は消えない」見えづらい視界となります。潮目やシモリ、ボトムのマテリアル、ウィ―ドの濃度、ウキやラインの動き…。
邪魔な水面のギラつきが抑えられ、今までは水の上から想像するしかなかった水面や水中の様子がわかる。そして、魚が見える。ZEAL OPTICSの偏光グラスで目の疲れが軽減し、快適なフィッシングを楽しむことができる理由の一つが、この違いです。

最初の一本には、どのレンズがお勧めですか?

ご自身の環境に合わせて選んで頂くのが一番ですが、比較的オールマイティに使いやすいTRUEVIEW SPORTS(トゥルービュースポーツ)をお勧めします。
このレンズは色彩の再現性に優れたグレー系のカラーに、コントラストを強調するブラウン系のカラーをバランス良く配合した中間色です。初めて使用される方にも、一年を通して様々な環境で、違和感なく使用することができると考えております。

ですが、単純にレンズの明るさだけを考えても、光量の少ないマズメ時や雨天・曇天などでは、EASE GREEN(イーズグリーン)。日差しの強い真夏や快晴時などにはTRUEVIEW FOCUS(トゥルービューフォーカス)の方が、より適していると言えます。

各レンズの特徴を理解し、必要に応じて使い分けることで、きっと新しい可能性を見出すきっかけになるでしょう。個人差もありますので、実際に試着した上で、違和感の無いレンズをお選び下さい。

透明の偏光レンズや夜用の偏光グラスはありますか?

透明のブラインドカーテンでは遮光することができないように、透明の偏光レンズは現在の技術では不可能とされています。夜用の偏光グラスは現在のところラインナップにございません。

保管やメンテナンスで注意する点は?

レンズやフレームは大変デリケートです。
長く快適にお使い頂くためには、正しい使用方法のご理解に併せて、普段のお手入れが大切です。

・高温多湿になる場所には保管しない
・使用後はできるだけ水洗いをして、汚れや塩分を取り除く
・水に濡れたまま放置せず、水分はきれいに拭きとって十分に乾燥させる。

以上のように、高温や水に濡れた状態での放置には、特にお気をつけください。
その他にもメンテナンスやご使用上の注意事項を掲載しておりますので、当サイトの「お取り扱い注意事項」を参考に、使用後のお手入れにお役立てください。

イヤーパッドやノーズパッドを交換することは可能ですか?

弊社製品に使用されているシリコン製ノーズパッドやイヤーパッドは、消耗品としてパーツ販売しております。交換可能ですので、ご購入されたお店やお近くの弊社製品取り扱い店(釣具店・眼鏡店)を通してお買い求め下さい。もし、お客様ご自身で交換されることに不安がある場合は、全国のTALEXプロショップ(眼鏡店)やお近くの眼鏡店にご相談ください。お店を通して弊社へ製品をお送り頂いても対応いたします。
尚、パッドの交換の際にはフレームに付着した皮脂や汗・整髪料等をよく取り除いた上でお取り付け下さい。※メタルフレームのツル先は尖っていますので、怪我をしないようにご注意下さい。

販売店印の捺印が無い保証書は無効ですか?

製品保証書に記載されておりますように、販売店印やお買い上げ日など、所定事項へのご記入が無い保証書は無効となります。保証は致しかねますのでご了承ください。
尚、近頃は未記入の保証書と共に、転売品や中古品の類が新品としてインターネットオークションで販売されているケースも見られますので、ご注意ください。
ご購入店舗や日時の特定などができない商品に関しては、一切、保証いたしかねますので予めご了承下さい。

ハイカーブのサングラスをかけると、見え方に違和感があるのですが?

8カーブなどのレンズカーブの大きなサングラスは、その構造上、お客様によっては稀に見え方に違和感を覚える方もいらっしゃいます。
装用感に個人差がございますので、実際にご試着の上でご購入されることをお勧め致します。